北海道銀行は北の大地で頑張っています!

北海道銀行の定期預金を他行と比べてみました

北海道に本拠地を置く北海道銀行では、主に貯蓄型の定期預金商品を取り扱っています。いずれの定期預金も他の地方銀行や信用金庫などで取り扱われている定期預金と同様の内容となっており、他の銀行にはないような、個性的な定期預金が存在するわけではありません。

具体的に商品を挙げると、一般的な定期預金、住宅購入資金として活用するための目的型定期預金「財形住宅預金」、年金受け取りと貯蓄をリンクさせた定期預金「財形年金預金」などが用意されており、さまざまな世代、さまざまな目的によって利用できる定期預金商品が用意されています。また、ユニークなところでは預け入れたお金で純金を購入し、本物の金と交換することのできる「純金積立」と言うユニークな定期預金もあります。

日本国内の銀行同士で比較してみると、北海道銀行の定期預金金利は、他の地方銀行と同等の水準になっています。しかし、都市銀行やインターネット専業銀行の定期預金の金利を見れば、やはり劣るのは事実で、北海道銀行の定期預金の金利では少々分が悪いです。ですが、経済情勢によって金利には変動があります。消費税率の増加などと言う経済的な出来事も影響するので、金利のチェックは欠かさないことをお勧めします。

あと、他の地方銀行で行われている「インターネットバンキング」「インターネット支店」利用時の金利優遇ですが、北海道銀行ではそこまでのサービスが行われていません。他行では実施しているサービスですから、今後は積極的に推進してほしいものです。